2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

帝都實報・お知らせ
近日公開予定
大日本帝國軍の愛と友情の日々・サブブログ&資料集(予定)
オリジナルBL小説【綿津見の波の色は】作中に登場する架空の新聞社【帝都實報】海軍担当記者、高田滋がお送りする予定です。※ただ今ブログ工事中です※
※一部には参考にした史実資料も含みますが、ここで真剣に現実の歴史考察をするつもりはありません。記事内容は全てオリジナル小説に基づいており、史実資料は参考書籍を基にしてわかりやすく纏めたものもありますが、私観は入っておりません。あくまでもリアリティを求めるためのツールです。ご了承ください※

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こちらの枠は、【作中人物の紹介】となります。

以下の人物の記事を書いていきますので、姓名のあとに順次、記事番号がつきます。暫くお待ちください。

日本海軍士官

 鷲頭 春美人となり】 【全経歴


 千早 嵩利人となり】 【全経歴



 城内 顕範人となり


 那智 源吾人となり


 新見 暢生人となり



 加藤 康幸人となり


 有元 誠志人となり

 三上 鎮人となり

 浅田 善隆

 橘田 秀規

 守本 周治人となり

 纐纈 智礼

 山科 忠之



 古賀 友哉

 羽田 良興

 長久保 衛

 松谷 俊吉



日本陸軍士官

 杉 惟之人となり


 山口 和胤人となり



 恩田 毅三郎人となり


 川上 宏信人となり


 大城 耀元

 松沢 鋭

 竹内 哲男

 藤井 康介

一覧へ戻る
スポンサーサイト
こちらの枠は、【作中に出てきた実在の地名などの解説】となります。

以下から記事を書いていきますので、地名などのあとに記事番号がつきます。暫くお待ちください。

 神奈川県 藤沢市 片瀬江ノ島

 神奈川県 藤沢市 江ノ島

 神奈川県 鎌倉市 腰越

 神奈川県 鎌倉市 小動神社

 神奈川県 鎌倉市 坂ノ下

 神奈川県 鎌倉市 小町



 東京府 東京市 麹町区 霞ヶ関 海軍省・軍令部

 神奈川県 横須賀市 稲岡町 横須賀鎮守府

 広島県 呉市 幸町 呉鎮守府

 長崎県 佐世保市 平瀬町 佐世保鎮守府

 京都府 舞鶴市 余部下 舞鶴鎮守府

 青森県 大湊村 大湊要港部

 広島県 江田島市 江田島 海軍兵学校

 東京府 東京市 京橋区 築地 海軍大学校



 東京府 東京市 牛込区 市ヶ谷本村町 陸軍参謀本部

 東京府 東京市 牛込区 市ヶ谷本村町 陸軍省

一覧へ戻る
こちらの枠は、【作中の時系列と背景・裏話】となります。

なるべく順を追って記事を書いていきます。完成次第、年号のあとに記事番号がつきます。暫くお待ちください。

 明治39年 主な時系列 

 明治40年 主な時系列

 明治41年 主な時系列

 明治42年 主な時系列

 明治43年 主な時系列

 明治44年 主な時系列

 明治45年/大正元年 主な時系列

 大正2年

 大正3年 主な時系列

 大正4年

 大正5年

 大正6年 主な時系列

 大正7年

 大正8年

 大正9年

 大正10年

 大正11年

一覧へ戻る
こちらの枠は、【実在した日本軍人の紹介】となります。

以下の人物の記事を書いていきますので、姓名のあとに順次、記事番号がつきます。暫くお待ちください。

作中で登場する人物のもととなった軍人もいますので、宜しければご一読ください。
タイトル、内容ともに【緒方式・萌え搭載の、12㌢やわらか筆】で書きますよ!ひと言紹介文を載せておきます。

※ここの記事は順次増える予定です。

日本海軍士官

 ツンデレ提督 井上 成美 はじめに 尉官の頃 海軍と大喧嘩(1) 海軍と大喧嘩(2)
                    その他逸話集
“自分の眼は怖くて、部下が懐かない”と自認。不器用で三角定規で怖いけど実はとっても部下思い!ちなみに名前の読みは“なるみ”じゃなくて“しげよし”!

 万年モテ期 米内 光政 はじめに 68/125 候補生の悩みを解く 陸奥艦長に就く(1)

海軍料亭へ行っても、海軍クラブへ行っても、MMK。芸妓さんは“米内さま”に夢中!

 お茶目さん 山本 五十六
部下を叱るときでも、ユーモアを欠かさない。逆立ちが得意で甘味好き、お酒は飲めなくても宴会の盛り上げ役!

 上官でも叱っちゃう 大河内 伝七
井上 成美とは海軍兵学校の同期生。正しいと思ったら相手が艦隊司令長官でもお構いなし!



日本陸軍士官

 天衣無縫の栗鼠将軍 児玉 源太郎
日本陸軍は、このひとがいなければ始まらないです。ちっちゃくてかわいくて、歴史上最も萌えた軍人No.1、軍略の天才児。

 好きなものは1にステーキ、2に児玉 大山 巌
明治時代の薩摩隼人は、肚の底に覚悟を据えつつ、愛嬌とユーモアを忘れないのです。そこがとてつもなくカワイイのです。

一覧へ戻る
こちらの枠は、【実在した日本海軍(一部陸軍も含む)の紹介】となります。

【綿津見の波の色は】【千尋に届く波の音】は、日本海軍の史実に沿って書いていますので、作中の出来事も併記していきます。一部難しい内容になってしまうかもしれませんが、なるべくわかりやすく解説していきます。

なるべく順を追って記事を書いていきます。完成次第、年号のあとに記事番号がつきます。暫くお待ちください。

 明治前期(~明治20年代頃) 藩閥体制について

 明治中期(~明治30年代頃)

 明治後期・大正前期(~大正3年頃)

 大正中期(~大正7年頃)

 大正後期(~大正15年頃)

一覧へ戻る
/ Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。